木曽塗(長野県)の商品一覧

豊富な木曽ヒノキを使った木地作りが盛んで、江戸時代には尾張徳川藩の手厚い庇護を受けて発達し、明治時代に「錆土」が発見されたことから堅牢な漆器が作られるようになりました。木曽ヒノキを木地に使ったお箸は軽く、丹念に漆を塗っているので丈夫でもあります。素朴ながらも実に堅牢なお箸に仕上がっています。

商品検索

3品中 1~3品目を表示