BLOG

成人式のお祝いにおすすめのお箸ランキング4選

お知らせ

2022.01.06

今回は、成人式のお祝いとして銀座夏野の店頭で多くの人に選ばれているお箸を、徹底調査しました。実際に売れているお箸や、スタッフ一押しのお箸をランキング形式で紹介します。

日本の成人式は、子供から大人への仲間入りを意味する大きなイベントです。人生の大切な節目に、思いを込めた箸渡しはいかがでしょうか。

この記事では、成人祝いにおすすめのお箸をまとめました。男性・女性へ向けたお箸を特徴別に紹介します。

目次

・プレゼント用のお箸の相場は?

おすすめランキング

1位 西陣織模様箔箸

2位 津軽塗箸

3位 山中塗箸

なぜ箸渡しが良いの?

日本人にとっての箸という道具は、子供が生まれ、お喰い染めで初めて箸を使い、亡くなると火葬をしてお骨を箸で拾い、茶碗にご飯を盛って立て箸をする。使い終わった箸を二つに折って捨て、他の誰にも使わせないようにする。

家庭でも、お父さんの箸、お母さんの箸と各自が使う箸がしっかり決まっているのも、日本人独特の習慣です。たった二本の棒でできたお箸ですが、このような習慣からも日本人にとって、とても大切な道具であり不思議と日本人の精神文化に登場する道具なのです。とにかく、日本人は箸というものを、自然と美しく使い、大切にしてきたものなのです。お箸は昔から、縁起物とされ贈り物にも最適です。

プレゼント用のお箸の相場は?

使用している素材や塗料によって様々な種類があります。成人式お祝いの予算の相場は新成人の関係性によって変わります。こちらでは平均予算と相場を紹介します。

新成人へのお箸のお祝い予算は、5,000円~30,000円前後です。

高価すぎるものはプレゼントには不適切と考えられておりますが、中には祖父母からのプレゼントで30,000円とのご相談もありました。

一般的には10,000円前後のお箸が最も選ばれています。なにか別のプレゼントとお箸を合わせて送られる方が多くいらっしゃいます。

1位 西陣織模様箔箸

京都の西陣織の工程の一つである模様箔を関東の文化である木箸に施した銀座夏野オリジナル 箸です。模様箔とは、金・銀・色箔・螺鈿・漆などで彩色・模様付けをすること。西陣の伝統工芸士よる加飾の技術と木箸職人の技術が融合したこだわりの箸です。塗箸では困難とされていた、形にこだわりつつ華やかなさを兼ね備えた多角形のお箸は特に人気です。

2位 津軽塗箸

江戸時代前期からはじまる津軽塗。塗っては研ぎ、塗っては研ぐ、約50の工程を経て作られる箸は堅牢なことで有名で別名「馬鹿塗」とも言われています。まさに質実剛健という言葉がぴったりのお箸です。また丈夫なだけではなく唐塗、七々子塗、紋紗塗、錦塗と多彩な技法があります。

3位 山中塗箸

その昔木地師が移り住み、轆轤(ろくろ)で木地を挽いたのが始まりと言われています。日本屈指の挽き物木地として知られております。特に薄物挽きの木地は有名です。蒔絵の技術も発達していることから蒔絵箸や金箔を使った箸など実に独創的なお箸の多い産地でもあります。 個性的で丈夫なお箸が魅力です。

4位 末広がりの八角箸

木箸・塗箸問わず多くの種類があるのも八角箸の特徴です。黒檀や紫檀などの丈夫な木材を使用したお箸や、漆を塗ったお箸、箔を使用したお箸など選ぶのが楽しいお箸です。

プレゼントの際にはメッセージカードも無料にてお選びいただけます。

成人式を迎え、これから大人の仲間入りをする若者には、良いお箸を贈ってお祝いの気持ちを伝えましょう。

大人社会への箸渡し、素敵な1膳を見つけてみてください。

銀座夏野オンラインショップ